ドラマ天国

FODプレミアム

「愛しあってるかい」はバブル絶頂期のトレンディードラマ

放送日時は平成元年10月16日から同年12月18日の月9で放送された小泉今日子主演のトレンディードラマ「愛しあってるかい!」は生徒と先生が繰り広げられるラブコメディ作品です。時代背景がバブル全盛期なので、先生も生徒もやや浮かれ気味な感じが如実に表れています。作品中では陣内孝則が作品タイトルである「愛しあってるかい!」を処々に決め台詞として叫びます。

 

出演者は主演の小泉今日子の他に陣内孝則、柳葉敏郎、そして当時人気絶頂だったバービーボーズのコンタこと近藤敦の男性教師人に対して、小泉今日子、藤田朋子の女性教師陣と豪華ラインナップ、そして生徒も田中律子、和久井映見と後の大物女優も駆け出しだったこの時期に出演していました。

 

主題歌は主演の小泉今日子が歌う「学園天国」フィンガー5の曲をリメイクしたものですが、作品でのコメディタッチのドタバタぶりと曲とが上手い具合にマッチしていたこともあり大ヒットとなりました。

 

今見ると、バブル当時の時代背景もありハイテンションすぎる感じもしますが、当時を懐かしく思い出したり、当時を知らない若い人にも斬新な感じにも捉えられてどの世代にも楽しめるのではないかと思います。

「大奥スペシャル?もうひとつの物語?」は2006年12月29日にフジテレビ系列で放送された深田恭子主演のドラマです。2006年に公開された映画版「大奥」の約3年前、第6代将軍徳川家宣の時代を舞台としたスピンオフドラマとして、映画では描かれなかったアナザーストーリーが展開します。

 

深田恭子演じるゆきは、大奥へ奉公にあがることになります。ゆきは武家の娘で、思いを寄せる吉之助(高岡蒼甫)がいましたが、貧しい家計を助けるために大奥入りを決意。「おまん」という名前を与えられ、大奥奉公にあたりました。この頃の将軍家は、御台所の熙子(高島礼子)、側室のお須免の方(松下由樹)、お古牟の方(木村多江)が家宣との間に子をもったのですが、いずれも早くに亡くなってしまいます。

 

そして世継ぎ候補は、お喜世の方(井川遥)との間に産まれた子、鍋松(後の家継)のみとなっていました。奉公人であるおまんが見た大奥の世界。これまでの大奥シリーズとは少し違った視点から描かれた作品となっています。映画に向けた伏線もあり、おまんの教育係や大奥総取締の瀧川など、テレビシリーズや映画でおなじみの面々も出演しています。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/21 19:07:21

「大奥 第一章」は2004年10月?12月にフジテレビ系列で放送された松下由樹主演のドラマです。松下由樹が演じるのは、大奥史上最も有名で最強の女帝ともいわれた、第3代将軍徳川家光の乳母、春日局。前作より前の時代が舞台となっています。

 

徳川幕府開府より40年が経った寛永16年(1639年)、大奥に控える春日局の過去を尋ねる若い女中がいました。物語はそこから約35年前へと遡り、春日局の生い立ちを追います。春日局はかつておふくと名乗っていました。夫と3人の子供と美濃の家で暮らしていましたが、身勝手な夫に振り回され、さらにとある事件がきっかけで離縁を申し付けられてしまいました。

 

おふくは将軍家が乳母を募集していることを知り、面接を受けます。当時、二代将軍秀忠の正室・お江与(高島礼子)が懐妊していました。無事、乳母となったおふくでしたが、お江与は乳母の存在を快く思っていない様子。将軍家の世継ぎを廻る女たちの陰謀には恐ろしさすら感じます。全11話のうち、第1話?第4話を第一部、第5話?第11話を第二部とし、第一部はおふくとお江与、第二部は春日局とお万を中心に物語が展開します。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/19 13:05:19

「大奥」は2003年6月?8月にフジテレビ系列で放送された菅野美穂主演のドラマです。物語のはじまりは安政3年(1856年)。薩摩藩主・島津斉彬の養女となった篤子(菅野美穂)は、第13代将軍・徳川家定(北村一輝)の夫人として差し出されることとなり、江戸城内の大奥に入りました。大奥とは、将軍の夫人や側室、それを世話する女中など、女だけが約千人もが生活する場所です。

 

そこを取り仕切る大奥総取締の瀧山(浅野ゆう子)らは、篤子を田舎者とバカにして、きつくあたりました。しかし篤子も、いずれ大奥を出るため、自分の世話役としたまる(池脇千鶴)に協力を請います。そして瀧山の嫌がらせにも負けず、篤子と瀧山は対立していくのでした。

 

本作は全11話のうち、第1話?第4話を第一部、第5話?第10話を第二部とし、第一部では篤子と瀧山の確執、第二部では和宮(安達祐実)と実成院(野際陽子)の嫁姑バトルを中心に描かれています。将軍の愛を廻る女同士の駆け引きや思惑から目が離せません。時代劇というジャンルながら、実在しない人物を登場させるなど大いに脚色された脚本と、豪華な出演陣により、時代劇に馴染みのない方にも見やすい作品となっています。

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/17 12:03:17

「王様のレストラン」は1995年4月?7月にフジテレビで放送された脚本・三谷幸喜、主演・松本幸四郎のドラマです。物語の舞台はフレンチレストラン「ベル・エキップ」。原田禄郎(筒井道隆)は、父である初代オーナーの遺言で、突如ここのオーナーを勤めることになりました。

 

このレストランでは、シェフの磯野しずか(山口智子)、バーテンダーの三条政子(鈴木京香)、禄郎の腹違いの兄で支配人の水原範朝(西村雅彦)、給仕長の梶原民生(小野武彦)、パティシエの稲毛成志(梶原善)、ソムリエの大庭金四郎(白井晃)といった若者たちがなんとなく働いており、店は傾きかけていました。そんなとき、揺るがぬ情熱と厳しいプロとしての生きざまを持つ千石武(松本幸四郎)が彼らの前に現れます。

 

千石は初代オーナーのもとで働いていた伝説のギャルソン。かつての活気あるベル・エキップを取り戻すべく、様々な改革を実行していきます。最初は反発しながらも、徐々に千石の影響を受けていく若者たち。各話では、様々なお客様がレストランを訪れます。三谷作品らしい、テンポの良いやり取りも楽しめる作品です。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/15 10:59:15

「営業部長 吉良奈津子」は、2016年7月?9月にフジテレビ系列で放送された松嶋菜々子主演のドラマです。松嶋菜々子演じる吉良奈津子は、広告代理店勤務の元クリエイティブディレクター。原田泰造演じる小山浩太郎と結婚後、出産を経て3年ぶりに復職することになりました。

 

復職先はもちろん、元々所属していたクリエイティブ局だと思っていた奈津子でしたが、与えられたポジションは営業開発部長という役職でした。現在クリエイティブディレクターとして活躍しているのは、かつて奈津子のアシスタントだったた高木啓介(松田龍平)で、入る隙もありません。覚悟を決めた奈津子は、営業開発部への異動を受け入れるのでした。

 

営業開発部のメンバーは、個性豊かな人ばかり。しかも、業績不振であるにも関わらず、部員は「やることはやった」と諦めムードです。奈津子は部長として部員を鼓舞し、営業をかけられるクライアントを挙げようとするのですが、保育園へお迎えに行く時間が迫っていたのでした…。産休後の働く母を描いた本作。これまで築いたキャリア、新たに与えられたポジション、家庭との両立という、働く女性の葛藤や奮闘ぶりを松嶋菜々子が演じます。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/13 15:57:13

「海の上の診療所」は、2013年10月?12月にフジテレビ系列で放送された松田翔太主演のドラマです。松田翔太演じる瀬崎航太は北海道出身の外科医。このたび、瀬戸内海の巡回診療船「海診丸」に採用されました。海診丸は本土の病院並みの機能を擁した船で、医師や看護師を乗せて、医師の常駐しない島を定期的に巡回しています。

 

航太は医師として確かな知識と技術を持っていますが、一見的外れに見える治療を行ったり、必要と思われる薬を処方しなかったりするので、当初、看護師の戸神眞子(武井咲)には医師としての実力を疑われてしまいます。さらに航太には、女性に惚れやすいという一面も。実は、自身の花嫁探しも兼ねて海診丸への乗船を希望していたのでした。

 

物語は1話ごとに異なる島を舞台に展開していきます。そしてそれぞれの島で出会うマドンナに恋をし、彼女たちが抱える問題を解決すべく奔走します。その問題が解決したとき、航太の恋は成就するのでしょうか。本作は、瀬戸内海に実在する病院船「済生丸」をモチーフに、医師のいない「無医島」の現実も描かれています。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/11 20:55:11

「ウツボカズラの夢」は、2017年8月?9月にフジテレビ系列で放送された志田未来主演の深夜ドラマです。志田未来演じる斉藤未芙由は、高校3年生の1年間、闘病中だった母親の看病や家事にほとんどの時間を費やしていたため、進路が定まらずにいました。

 

母親が亡くなると、父親である斉藤幸司はすぐに愛人だったはるかと結婚。未芙由はたった3万円だけを持たされ、家を追い出されてしまいます。8ヶ月後、未芙由は東京の高級住宅街にある鹿島田尚子(大塚寧々)の家に辿り着きます。尚子は、母親の従姉妹で、未芙由に宛てて自分のところへ来るよう手紙を出していました。尚子の家は大きな二世帯住宅で、尚子の義母と同居しています。

 

家事を引き受けることを条件に、未芙由は鹿島田家で暮らせることになりました。それぞれ問題を抱え、裏の顔を持つ登場人物たち。自分の居場所を確保するために未芙由はあれこれ思いを巡らせます。「ウツボカズラ」とは、自分から動かずに目的を達成する食虫植物。そんなウツボカズラのような女と、大人たちのドロドロした人間関係を描いたドラマです。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/09 14:49:09

「ウォーターボーイズ2」は2004年7月?9月にフジテレビ系列で放送された市原隼人主演のドラマです。市原隼人演じる水嶋泳吉は、東京の高校で強豪水泳部に所属していましたが、水泳も勉強も落ちこぼれで、祖父の家の近くの姫乃高校に転校してきました。

 

3年前まで女子校だった姫乃高校は、今でも9割が女子生徒。男子の運動部はありません。男子運動部を作りたい山本洋介(中尾明慶)は、泳吉の経歴を知り、水泳部を創部しようとします。そこに力を貸すのは、臨時教師の早乙女聖(金子貴俊)。早乙女は、男子シンクロで有名な唯野高校水泳部の元部員だったのです。しかし、泳吉は乗り気ではありません。さらに、生徒会長の大場加代(浅見れいな)や、教師陣にも反対されてしまいます。

 

洋介に賛同した男子生徒たちが、勧誘のチラシ配りを行うのですが…。そして本作のヒロインは、泳吉が身を寄せる祖父の家の母屋に家族で暮らす、同級生の矢沢栞(石原さとみ)。男子シンクロ部が、創部から学園祭公演に挑むまでの学園ドラマ。前作までと同様、撮影に向けてシンクロ部役のキャスト全員が本格的に練習したという、シンクロシーンにも注目です。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/07 13:43:07

「ウォーターボーイズ」は2003年7月?9月にフジテレビ系列で放送された山田孝之主演のドラマです。2001年に公開された映画「ウォーターボーイズ」の続編として制作されました。物語の舞台は、映画版と同じ唯野高校水泳部。山田孝之演じる進藤勘九郎は、1年生の時に見たシンクロ公演に憧れて水泳部に入部。

 

2年生のときは緊張のあまりお腹を下して出演を断念していたので、3年生の今年こそはと意気込んでいました。そこに舞い込んだ、教育委員会からのシンクロ自粛要請。水泳部員がシンクロに熱中するあまり、現役合格者ゼロだったことが理由でした。多数決でシンクロ自粛を受け入れることが決定。勘九郎は異議を唱えられずにいました。

 

しかし、シンクロのために転校してきた立松憲男(森山未來)の熱意に押され、シンクロ再開に向けて活動することに。シンクロ反対派の生徒会長の田中昌俊(瑛太)や石塚太(石井智也)、その様子を伺う高原剛(石垣佑磨)を巻き込んで物語は展開していきます。果たして勘九郎は再びシンクロ公演を行うことができるのでしょうか。映画版に出演していた、眞鍋かをりや玉木宏などが、同じ役で引き続き出演しているところも見どころのひとつです。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/05 02:39:05

「WITH LOVE」は1998年4月?6月にフジテレビ系列で放送された竹内豊主演のドラマです。竹内豊演じる長谷川天は、音楽事務所に所属するCM音楽の作曲家。ある日、天は、自らが作曲した曲をメールで会社に送ろうとしたところ、誤送信してしまいます。

 

そのメールを受け取ったのは、田中美里演じる村上雨音でした。雨音は、入社3年目の銀行員で、その銀行は天の音楽事務所と同じビルに入っていました。そんなこととは知らず、2人は誤って届いたメールがきっかけで、いわゆる“メル友”になり、交流を深めていきます。

 

現実でも時折すれ違ったりする2人でしたが、お互い気付くはずもありません。なぜなら、天は、九州在住で元作曲家の小学校音楽教師、雨音は、パリ在住で元銀行員の留学生と、それぞれプロフィールを偽っていたのです。しかし、メールでのやり取りを重ねるにつれ、徐々に惹かれ合っていくのでした。現代ではすっかり当たり前になったメールやインターネットですが、放送当時はまだ普及し始めた頃。このドラマはそんなインターネット上での恋愛をテーマにしています。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

続きを読む≫ 2018/01/03 12:35:03