愛という名のもとに

FODプレミアム

山本耕史さんも出演していたドラマ「愛という名のもとに」

「愛という名のもとに」は平成4年に放送されていた、鈴木保奈美さん主演のテレビドラマです。

 

野島伸司監督が、当時世界中で大人気だったデミ・ムーアやロブ・ロウが出演する映画「セント・エルモス・ファイヤー」にインスパイアされて作った作品です。

 

最高視聴率32.6%を記録した超人気ドラマで、当時は「木曜の夜は街から若者がいなくなる」とまで言われていました。

 

また、ドラマのヒットにともない、主題歌である浜田省吾さんの名曲「悲しみは雪のように」も大ヒットしました。

 

物語は、大学の元ボート部員とそのマネジャーの「仲間」である男女7名が、卒業3年後に再開するところからスタートします。

 

高校の先生、代議士の秘書、作家志望の公務員、ファッションモデルなど、大学卒業後様々な仕事についている仲間に、レイプ未遂や仲間の自殺などの悲劇が起こりつつも、助け合いながらそれぞれの道を懸命に歩んでいくという、大人の青春物語。

 

主演の鈴木保奈美さんの他に、唐沢寿明さんや江口洋介さんが出演しており、また今を時めく山本耕史さんが、高校教師役の鈴木保奈美さんの生徒役として出演されていました。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】