嵐の涙

FODプレミアム

嵐の涙

「嵐の涙」は、2016年2月〜3月にフジテレビ系列で放送された、佐藤江梨子主演のドラマです。いわゆる「昼ドラ」と呼ばれた枠の最後の作品となりました。物語は、2006年の東京から始まります。佐藤江梨子演じる石原里子は、小学校で教師として働きながら、同じ小学校に勤める美術教師の夫・雄介と娘の春子、そして雄介の両親・壮一と弘江の5人で幸せに暮らしていました。

 

ところがある日、里子たちの住む街が災害に見舞われ、里子は夫と娘を同時に失ってしまいます。絶望していた里子でしたが、偶然捨てられた女の子をみつけ、その子を「春子」と呼んで育てることを決意したのでした。そして10年後。亡くなったと思われていた雄介と春子は、生きていたのです。ただし、雄介は災害時のダメージで記憶喪失になっており、全く違う人間として生きていました。

 

同じ愛知県に暮らす里子と、夫そして娘。偶然が3人を引き寄せますが、果たして家族に戻ることはできるのでしょうか。里子たち家族だけでなく、雄介が暮らす家族にも隠された過去や、愛ゆえの葛藤が渦巻きます。真実の親子愛を描く最後の昼ドラは、嵐のような涙なしでは見られない作品となっています。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】