アットホーム・ダッド

FODプレミアム

ドラマ「アットホーム・ダッド」について

「アットホーム・ダッド」は、2004年4月? 6月にフジテレビ系列で放送された、阿部寛主演のドラマです。阿部寛演じる山村和之は、大手広告代理店のCM ディレクター。妻と娘と幸せに暮らし、念願のマイホームも手に入れました。そんなとき、和之は突然、会社をリストラされてしまいます。

 

篠原涼子演じる妻の美紀は、結婚を機に退職し、専業主婦になっていましたが、和之に次の仕事がみつかるまで、美紀が元職場で働き、和之が“専業主夫”として家事育児をすることになりました。もともと主夫に対して偏見があり、さらに、自分は何でもできると思っていた和之でしたが、慣れない家事に苦戦します。プライドの高い和之はなかなか周りに助けを求められずにいましたが、隣に住む専業主夫の杉尾優介にアドバイスを受けながら、徐々に効率を上げ、主夫業を楽しむようになります。

 

隣人夫婦を演じるのは、雨上がり決死隊宮迫博之と、オセロ中島知子。コ メディ要素もありつつ、家族の問題に向き合ったり、周囲の人々と関わったりしていく中で、和之が成長していく姿が、温かい気持ちにさせてくれるホームドラマです。

 

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】